格安航空券の予約方法

航空券に高いお金を払っていませんか?今は格安で航空券を買える時代です。格安航空券の予約方法を紹介しています。 - 旅が決まったら日程、そして安くお得な情報

旅が決まったら日程、そして安くお得な情報

旅の目的や行きたい場所、その時の状況によって何をするか、何をしたいかで内容はまったくかわってきます。時期によってもシーズンなのかオフシーズンなのかで人の込み具合や金額も変わってきます。旅の日程が決まったら1日でも早く予約をとることをおすすめします。
 

1日も早くとる理由

旅に行くと決めたら予約の行動はより早い方がいいです。いいものがあればその時に予約をしないと、空席が少なくなってしまったり、なくなったりなってしまうこともあります。また、航空会社やサイトによっては、空席が埋まるにつれて航空券の金額が高くなる仕組みもあります。空席状況によって料金が変動します。なので、場合によっては、同じ日程で同じ便であっても航空券を高く買う人と安く買う人がでてきます。両者の差額は万単位でかわることもあります。
 

燃油サーチャージ発券によって金額がかわる

格安航空券を予約した際、行く場所によっては、燃油サーチャージの金額で料金が数千~数万単位で違ってくるのをご存知ですか?その日のレートによって多少の金額は毎日かわりますが、燃油サーチャージの変動によって大幅な金額の削減ができます。燃油サーチャージは期間ごとに調整が入り、月またぎの1日違うだけで、燃油サーチャージの金額が急激に下がり、前日でなくその日に発券すれば、格安航空券をよりお得に手に入れることが出できます。
 

経由が安いとは限らない

直行便より、複数の航空会社を利用して現地にいったほうが、乗継までの時間もかかるし、乗り降りはしなくてはいけないし、手間がかかります。だからより安いようにみえますよね。直行便は時間も最短で乗り換えもないから、その分金額が高いのは必然だ、現実そうですが、一概にそう言えない部分もあります。経由するということは、搭乗の飛行機の回数が増えるため、場合によっては燃油サーチャージがよりかかることがあります。この点は注意されたほうがいいでしょう。
 
 

関連する記事

  ← 前の記事: